ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと肩を並べるステータス性を持つダイナースクラブカード。世界の有名人はもちろん、会社経営者や医師、弁護士などのエグゼクティブ層の会員が多く、「利用限度額無制限」という設定が、そのステータス性をより高めています。ダイナースクラブの主なサービスは以下の通りです。

ダイナースクラブカードの主なサービス

*海外旅行先での日本語サポート
*空港ラウンジサービス(同伴者は有料)
*携帯電話レンタルサービス
*旅行傷害保険(国内が問わず最高1億円)
*有効期限のないクラブポイント
*エグゼクティブダイニング特別コース1名無料
*リージャスビジネスサービス優待
*レストラン利用などのキャッシュバック(最大20%)
*ショッピング保険(年間500万円)
*名門ゴルフ場の予約サービス
*所定コースのグリーンフィ無料
*提携カフェラウンジにてドリンク提供(同伴1名)
*コナミスポーツクラブ優待  など

ダイナースクラブカードの特徴は、2年間発行手数料無料のビジネス・アカウントカードを一緒に作ることができる点です。プライベートとビジネスの決済口座を別々にでき、専用の明細書も発行してくれます。しかも、貯めたポイントは合算できるという点がうれしいですよね。プライベートとビジネスの支払いを区別したいという人ならば、とても魅力的なサービスだといえます。

海外の空港ラウンジは、ゴールドカードでも利用できないカード会社が多い中、ダイナースクラブカードは、海外80以上の空港で利用できます。海外出張の多いビジネスマンなら、ラウンジの利用だけでも年会費15,750円(家族会員5,250円)が捻出できてしまいそうですね。また、国内外の主要都市1,000箇所以上のビジネスラウンジやレンタル会議室・オフィスが優待価格で使える点も、ビジネスマンにとって魅力です。

さらに、ダイナースクラブカードで貯めたポイントは有効期限がないため、マイルに交換したり、高額アイテムと交換したりという人に喜ばれています。マイルは、カードを1万円利用すると100マイルが貯まります。旅行によく行かれる人におすすめなのはマイルが貯めやすいだけでなく、海外旅行でも国内旅行でも、最高1億円までの旅行傷害保険がサービスされている点です。エグゼクティブ層が利用するカードだけに、こうした補償内容は通常のゴールドカードよりも手厚くなっています。

最新人気ランキング