ゴールドカードに審査基準ってあるの?

ゴールドカードの審査基準は厳しそうとお考えの方は多いと思います。
一昔前であれば、年収1,000万円以上とか、職業も社長や重役クラスでないとゴールドカードは持てないカードでした。
ただ現在は、審査もかなり緩くなってきており、昔よりは気軽にゴールドカードを持つことができるようになってきています。

そのゴールドカードの審査基準について考えてみたいと思います。
カードによって審査基準は大きく変わりますが、原則は「年齢30歳以上で年収500万円以上の安定した収入があること」と言われています。

しかし、クレジット会社も競争が激しく、この基準はあくまで原則としてなのでこれに満たない方でもゴールドカードを持つことができます。

ゴールドカードだけに限らずクレジットカードは、、ローンなどの個人信用情報機関への照会、年齢や収入、勤続年数や居住形態などを点数化したスコアリング、勤務先などへ本人在籍確認などで審査されることが多いと言われています。
ある程度の勤続年数があり、年収300万円以上かつローン残高なしであれば、ゴールドカードの審査を通る可能性はあると思います。

三井住友VISAプライムカードなどのヤングゴールドカード(20代向けのゴールドカード)やMUFGカードゴールドなどの審査基準を緩めに設定しているゴールドカードであればさらに作りやすくなります。
ゴールドカードはもはや憧れの存在ではなく、少しがんばれば手に届くカードになっています。
この機会にゴールドカードで通常のカードにはないワンランク上のサービスを体験してみてはいかがでしょうか?

最新人気ランキング